換金目的にて電車の旅券の類を複数枚購入してしまうこと→カード現金化サービスというもの使用しないで、利用者自身が換金を目的としてクレカで決済するということも同じです。

現金化することを意図しているクレジットカードの使用については、クレジットのカード規約違反に繋がってしまうことからです。

たくさんの列車の旅券の他切手購入などでの決済については、ともすると換金目的じゃないか?とマークされる恐れが考え得るため、注意するべきです。

それから、使用時点でキャシング額が上限となっているクレカの場合には、電車の乗車チケット等を決済することにトライするだけでクレカの会社により電話が入ることもあるため、お金がない時のカード利用はさせなくなってしまうと考えられます。

経済的に困った状況でする手段は大抵の場合同じようなものであるのでしょう。

カード会社から見て問題な使用法をしてしまうこと・・・昔話題に上がった『永久機関』など、クレカの会社から見て微塵も利益になり得ない違反した取引を行うとクレジットカード会社の方から強制没収という扱いになってしまう事例すらあるようです。

インターネット上に話題となっていたクレカポイントの不正搾取というような世に知られていないやり方などというものが存在してもその手段というのは間違えなくクレジット会社の規定違反になるので何があっても利用しないようにしないほうがよいでしょう。

強制没収に関する個人情報については他のカード会社へ流れる●クレカを失効させられてしまった場合でもほかのクレジットは使用可能から、ひとつくらい良いでしょう?とか思ったあなたは、昨今の情報流通社会でその考えは信用を失う可能性があるのです。

なぜなら、没収となる場合になると、カード発行会社各社が閲覧出来てしまう信用情報へ事故個人情報が上書きされるから、事故を起こした人の信用情報というものがなくなる場合があるからです。

持っているただの1枚であるとしてもクレジットを強制失効扱いとなると、他のクレカまでも作りにくくなってしまいますし、更には他に契約しているカードまでも没収になる場合もあるだろう。

運良くそのまま使用できる際でも使用期限満了を迎えると継続利用できなくなることになります。

兎にも角にも言っていますが強制退会させられてしまう使い方は何があってもなさることのないよう規約に則ってクレジットをご使用頂きたいと思っています。