「勉強」と聞くと固く重苦しい感じがします。 語学においても勉強という岩を意識するのではなく 羽のように軽く自由に飛び回るよう柔軟に対応すれば何にも難しい事はありません。 まずは勉強という意識をずらしましょう。遊びと捉える感覚で日常生活に落とし込みましょう。 楽しく学べる工夫を施すのも良い手だと思います。それと時間を決めて勉強するのではなく 一日を通して適当にちょくちょく「学ぶ」ほうがストレスなく気楽に出来ます。 語学と向き合う時間の方が大事なのです。まずは工夫をして楽しむ環境を作ることです。 ダラダラ学ぶうえでひとつだけ意識して欲しい事は、短い時間内でも集中する事です。 そして一冊の教材だけに絞るということです。 一冊を何度も繰り返しダラダラ読んだり書いたり発音したりするだけで 目が慣れて頭に入っているものです。「勉強」という言葉は忘れましょう。 語学をあなたの趣味のカテゴリーに入れましょう。実際、趣味のように親しみやすいです。 そこで趣味を極める姿勢で続けましょう。もちろんダラダラしながら。